スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼/橋本五郎

眼/橋本五郎

橋本五郎、「新青年」昭和6年4月増大号掲載の短篇。
これはまぁまぁ面白く読める作品だ。ゾッとする恐怖が意外な所からヌッと現れるのは凄い。眼科病棟での悲劇であり、錯誤の悲劇であった。この疑心のベクトルが悲劇の元になるとは意外性の怪奇探偵小説だ。眼科病棟の眼患者達は目がよく見えないばかりに恐るべき陥穽に落ち込まされるのである。動機は、動機は、人間らしいものであったが、やはり利用の恐ろしさと誤解の悲劇が生んだ悪夢であった。
なお現在、論創社「橋本五郎探偵小説選(1)」で読むことが可能だ。
(2002/10/20初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。