小曲/橋本五郎

小曲/橋本五郎

橋本五郎の掌編コントで、「探偵クラブ」昭和7年12月号掲載された。
暴風の夜というのは一人でいると誰でも不安なものであり、主人公も悪漢でもやって来やしないかと恐れ震えていたのだが、そんな時に耳に飛び込んできたのが、強盗殺人の場面のような物音に悲鳴。恐怖の主人公は次の日の朝に外に見に行ってみるが………。さて、その実際の恐怖の対象とは如何なるものだったか!? まぁ、まるで取るに足らぬ一篇に過ぎないだろう。
なお、現在光文社文庫「『探偵クラブ』傑作選」で読む事が出来る。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード