第三の証拠/戸田巽

第三の証拠/戸田巽

戸田巽、「新青年」昭和6年5月号発表の短篇。
意外な展開が心憎いまでの鉄道物探偵小説で面白い。殺人を犯した男は鉄道に乗り逃避行を企てるが、やはり心理的に窮迫していて気が気でない。殺人者の警官の手を恐れる心理状況。更には隣に座った男が異様なまで親切心を発揮してくるのだ。不信感覚に陥っている主人公はますます窮迫。さて、この主人公を待ち受けていた奇妙な運命とはいかなるものか!? 
なお現在、光文社文庫「新青年傑作選」等で読む事が可能である。
(2002/6/28初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード