浅草の犬/角田喜久雄

浅草の犬/角田喜久雄

角田喜久雄、「探偵」昭和6年6月号発表短篇。
浅草、と言うよりも本当は上野の西郷像の前で拾われた犬はびっこを跛をひいていた。その犬を女の子が拾いチンピラ風味と知りあったことから、チンピラながらの美徳を堅守するために、許し難い行為をしつつ、浅草の犬を利用した悪漢に勝負を挑んだのだ。
単なるそれだけのもので、全然取るにも足らない物だが、現在、光文社文庫「幻の探偵雑誌シリーズの『探偵』傑作選」等で読む事が出来る。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード