スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死体昇天/角田喜久雄

死体昇天/角田喜久雄

角田喜久雄、「新青年」昭和4年8月号掲載の短篇。
親友と言えども、同じ女を恋してはならぬ。そこに待ち受けるは悲劇のみ、そして死体昇天なのだ。友人の男は吹雪に迷い、一緒に行った女は戻ってきた。主人公は友人を心配していたはずだったのだ。そこへ来ての、恐るべき悪意の復活。思わぬ土産、残してきた水筒は、死体とともに昇天してしまったというのだろうか!? 
なお現在、創元推理文庫「日本探偵小説全集(3)角田喜久雄集」等で読む事が可能である。
(2002/9/3初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。