スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍るアラベスク/妹尾アキ夫

凍るアラベスク/妹尾アキ夫

妹尾韶夫発表の逸作怪奇が本篇である。
「新青年」昭和3年1月号掲載。
甲賀三郎は《乱歩君の鏡地獄に比して、氷地獄とも云うべきもの》と評した。
まさにその通りであり、氷の狂人。女教師は尾行されているのを感じたが、それが製氷会社の社員。そしてその男、顔相によると、妻になるべき人だと言う。おかしな口説き方。しかしそれがまさかあの恐怖の結婚式を招こうとは! 狂的な製氷へ熱の最終地点、それは何という怪奇恐怖であり、不思議な美しさであったことか。
なお現在、光文社文庫「幻の探偵雑誌十巻の『新青年』傑作選」で読める。
(2001/12/02初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。