スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柘榴病/瀬下耽

柘榴病/瀬下耽

瀬下耽、「新青年」昭和2年10月号に発表の第二短篇。
太平洋上で渇水に喘ぐ船員が見つけた島。そこは恐るべき柘榴病に汚染されていたのだ。残されたその島最後の生物になった医者の手記。悪魔の貪欲さが生んだ完全崩壊。完全治療方法を突き止めながら、富に眼の眩んだ彼と妻は無人島の王様になりたかったのだ。呪いを吐き滅び行く島民、全生物。その具現化が嵐の日の蝙蝠だったやも知れぬ、死の使い。ああっ、しかし何という怪しき幻魔の妙なことよ。
なお現在光文社文庫「江戸川乱歩と十三人の新青年 文学派編」等で読める。
(2001/11/22初稿[妖鳥の涙])


新青年復刻版読了時の感想

怪奇探偵小説の秀作だ。柘榴病という世にも恐ろしい死の病を治す術を得た医師の懴悔話。人はここまで狂気的な貪欲者になれるというのか!?

掲載誌:新青年 昭和二年第十二号(十月号)[創作翻訳傑作集]=一冊六十銭
(2001/5/11読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。