スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+・-/城昌幸

+・-/城昌幸

城昌幸、「探偵文芸」昭和2年4月号に掲載されたショートショート。
プラスとマイナス、1と0しか世の中に無いというのだろうか。傘を持った見知らぬ男は、いきなり近づいてきた。そして話し出したのである。一方がプラスならば、マイナスもどこかへ。神が救うべきはマイナスこそ。これで世の中の均衡が取れるという物なのか。しかし傘を持った男は、傘をマイナスしたばかりに、総決算が0に変じてしまったのだ。
この怪奇掌編、現在気軽に読める本がない(数年前までは角川ホラー文庫「爬虫館事件(新青年傑作選)」等で読む事が出来た)。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。