スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプオール氏事件の顛末/城昌幸

シャンプオール氏事件の顛末/城昌幸

城昌幸、「探偵文芸」大正15年10月号に掲載された短篇。
シャンプオール氏は苦悩に付きまとわれていた。何故かはわからない苦悩。そして語った。その悪魔のような呪いにまとわりつかれた自身の話を。それは行く先常々出会ってしまう同一の一婦人。見も知らぬ婦人。糸で結ばれてるかのように呪いのようになぜか離れぬ一婦人。しかも世界中を旅しているシャンプオール氏だというのにである。その顛末とは如何なる物だったか。
なお現在、光文社文庫「探偵文芸傑作選」等で読む事が可能である。
(2002/3/17初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。