ジャマイカ氏の実験/城昌幸

ジャマイカ氏の実験/城昌幸

城昌幸、「探偵文芸」昭和3年3月号に掲載された短篇。
主人公は、確かに目撃したのだ。空中遊行をする外人、ジャマイカ氏を。鉄道プラットフォームの線路部分を何気ない仕草で空中を歩き反対側に到達したジャマイカ氏を。所が、家まで押し掛けていった主人公にジャマイカ氏は意味もわからぬ風に絶対否定するのである。そこで何とか空中遊行術の実験に当たってもらうが…。さてさてその実験の展開はいかなるものだったか。
なお現在、春陽文庫「死人に口なし」などで読む事が出来る。
(2002/6/30初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード