スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錯覚の拷問室/佐左木俊郎

錯覚の拷問室/佐左木俊郎

佐左木俊郎、「新青年」昭和4年11月号掲載の短篇。
恐るべき精神への拷問。拷問室は教諭の部屋だった。学校で、ある教師の財布が紛失した事から、悲劇は始まったのだ。そして偶然少女は見てしまっていた。洋服のポケットが探られる所を。そしてそれが見てはならない人物によってなされていたのである。二重の悲劇は偶然によっていた。錯覚は早合点の悲劇を呼んだ。そこに介在していた秘密とは一体なんだろうか!? 
なお、現在春陽文庫「恐怖城」で読む事が出来る。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。