葛山二郎探偵小説選/論創社

名作「赤いペンキを買った女」「影に聴く瞳」「霧の夜道」「骨」など葛山二郎が世に出した全ての作品を集成した1冊。
大正十二年に『新趣味』で「噂と真相」で懸賞デビュー後、昭和二年に改めて『新青年』から「股から覗く」で再デビューを果たしている。
本書はほぼ昭和初期の作品を中心に戦後の数作まで収録したラインナップとなっている。シリーズキャラクターは半分以上の作品に登場する花堂弁護士。

個人的にもっとも気に入った作品を一つあげるとすれば「染められた男」だろうか。
赤いペンキや霧の夜道と類似した著者の得意の展開を見せる。法廷探偵小説の様相を取っており、花堂弁護士の活躍のホームグラウンドではあるが、解題でも触れられているとおり、弁護士が弁護の仕事をしないどころか逆にという展開はさすがにおかしいと突っ込まざるを得ないだろう。

戦前作品は、「新青年 復刻版」にて、在学中にほぼ全て読んだことがある作品だった。ゆえにこのブログにも各編の感想記事は多く残っている。

逆に「花堂氏の再起」「雨雲」「赤鬼」「後家横丁の事件」というわずか四編のみになる戦後作品は全て初読だった。

「花堂氏の再起」は戦後内地に戻ってきた花堂氏の再起話で、いつの間に北枕になっている謎がユーモラスではあるが、神経衰弱とが合いまった戦後直後という時代に翻弄された精神状況も伝わってくる作品。わかりやすい結末が珍しくもある。

「雨雲」は農村で起きた毒を使った連続殺人事件が発生。邪推仕合を花堂弁護士が最後に登場して名探偵然と事件の真相を解き明かす。タイトルの付け方がシンプルisベスト


最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード