金田一耕助、パノラマ島へ行く/芦辺拓/角川文庫

表題作と「明智小五郎、獄門島へ行く」の二つの中編を収録した作品集。安心して楽しんで読める芦辺拓版の明智小五郎と金田一耕助ものだ。

パノラマ島は言わずとしれた「パノラマ島奇談」であり、その後日談のような体となっており、パノラマ島の行く末が楽しくも、物悲しくも、あの作品について考えさせられもする。

明智ファン=金田一ファンでは決してないので、片方しか知らない人への配慮なのだろう。一応超有名な両作ともネタバレはしない工夫を取られているのも細かい。ただこれら作品は読んでいないと何が面白いのかわからないとは思うが。

当然なのかもしれないが、表題作の方が初期の乱歩ファンとしては楽しめると思われる。とはいえ、明智夫妻と小林少年ファンに特化しているなら後者の方が楽しめるだろう。

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード