数奇にして模型/森博嗣/講談社文庫

西之園萌絵と犀川先生のシリーズ第9作。

大学の構内で発生した密室殺人事件。その容疑者と見なされた男が、模型交換のイベント会場から発見されるに及ぶのだが、
そこで男は大けがを負った上に、同じ部屋には首無し死体が転がっていた。しかもそこも密室状態だったのだ。
西之園萌絵と犀川先生が共に事件の渦中に飛び込むことになるこの事件の真相とは?

というような展開。
まさにタイトル通りに「数奇にして模型」という事件。
常識や規定観念に意味はなく、それを基に構築された論理性は理不尽なまでに否定され、
ホワイダニットは常識外れの異端の論理、西之園萌絵や読者の常識的な論理思考は翻弄され続けることになるのだ。

奇妙で不気味な違和感を感じさせながらも、一気に読み進めたくなるような作品となっており、その割に読後感もまた不可思議。
真の真相を理解するためには、更に更に深く読む必要があるのかもしれない。そういう意味で読み応えのある作品と言えるだろう。


テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード