FC2ブログ

メルカトルと美袋のための殺人(講談社文庫/麻耶雄嵩)

銘探偵メルカトル鮎と探偵作家美袋三条の事件簿。

どれもこれもアンチ探偵小説的、超絶探偵小説的であり、メルカトル鮎の性格がよく描かれている。(まぁ、美袋の視点であるが・・・)

その収録作は最も出来が良いかと思われる「遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる」、メルカトルの銘探偵たるゆえんの解決「化粧をした男の冒険」「小人居為不善」、現実も超絶した「水難」、メルカトル鮎の処女探偵小説であり、驚異の本格「ノスタルジア」、メルカトルの恐るべき性格に恐怖する「彷徨える美袋」、『翼ある闇』に繋がり、元はメル最後の事件であったと言う原型が著者最初のメルカトル登場事件という「シベリア急行西へ」。
(2000年8月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード