スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機/本田緒生

危機/本田緒生

本田緒生、「探偵・映画」昭和2年11月号発表短篇。
ちょっとした悪戯心が危機を招いてしまった言う話。ハッキリ言って同時期に余りにも偶発性が働き過ぎという面等でも大した物ではない。ユーモアな山本君シリーズであるが、山本君、結婚生活に刺激を求めたいと思ったからか、偽のラブレターをタイプ係に打って貰い、妻をヤキモキさせるという遊戯を思いついた。しかしそれが危機への引き金であったのだ。ああっ、人の心を利用した悪戯は危険千万だ…。
なお現在、光文社文庫「『探偵』傑作選」で読む事が出来る。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


スポンサーサイト

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

蒔かれし種/本田緒生

蒔かれし種/本田緒生

あわぢ生こと本田緒生が「新青年」大正14年4月号に発表の中篇。
「新趣味」の二篇に継での秋月シリーズで日記形式だ。電柱の四つ葉のクローバーに突き立ち矢マーク、この不吉が当たるかの如く寝台列車で件の女が殺された。素人探偵宣言の秋月は容疑者の無罪を直感し調査するも第二の殺人に加え、容疑者に友人。ネクタイの秘密や圧巻の復讐、アンフェアながらも筋や意外な真相が面白い本格物である。さて、いかに極的葛藤の中、蒔れた種は刈り取られたのか。
なお、現在残念ながら気軽に読める本がないのが、遺憾であるが、過去には鮎川哲也編のトラベルミステリーアンソロジー「シグナルは消えた」(徳間文庫)で読めたので、古本屋などで探してみるのが良いかも知れない。
(2001/11/13初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

美の誘惑/本田緒生

美の誘惑/本田緒生

本田緒生があわぢ生名義で書いたもので「新趣味」大正11年12月号発表。
「呪われた真珠」にも繋がる秋月シリーズである。処女作に比べると、趣向的に少し面白いかも知れない。一方からの手紙公開形式で、呪われた真珠を得たという相思相愛夫婦に起こった悲劇事件。その妻が牛乳を飲んで、死亡してしまったのである。果たしてこれは借金に苦しむ夫の仕業なのか。つまり保険金目的だったのか! ある矛盾から犯人が出てきたが、隠れ蓑としては悪くない所だ。
なお現在光文社文庫「『新趣味』傑作選」等で読む事が出来る。
(2002/6/13初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

呪われた真珠/本田緒生

呪われた真珠/本田緒生

「新趣味」大正11年11月号発表の本田緒生処女作。
呪われた真珠はどこまでも呪われており、悲劇の最大演出を成し遂げたのである。事件は女中が、令嬢の姉が惨殺されているのを発見した所から始まる。容疑者が恋人であるという記事を見て、妹は犯人を推定しまい、しかも姉の挿していた真珠を売った人間も同一名だと知ることになる。その指摘された秋月圭吉だが、その誤解を如何に解くことが出来ただろうか!? まぁ、処女作としては興味深い一篇。
なお現在光文社文庫「『新趣味』傑作選」等で読む事が出来る。
(2002/3/28初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

>「空き屋の怪」/甲賀三郎/9ページ

「空き屋の怪」/甲賀三郎/9ページ

悪徳検事から家を取り戻すというもの。
弁護士の密かな活躍が少し面白い。主人公と同じく私も少なからずドキリとしたものだ。

掲載誌:新青年 大正十四年第十三号(十一月号)=一冊五十銭
(2000/12/1読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。