深夜の客/保篠龍緒

深夜の客/保篠龍緒

保篠龍緒の短篇で、「文芸倶楽部」昭和6年4月増刊号に掲載されたもの。
紅色ダイヤを巡る攻防戦。ルパンの翻訳家の大家・保篠龍緒らしい展開だが、どうもやはり面白味は薄いとしか言いようがない。侠盗対怪盗、かなり即判読には無理のある電話による暗号とエッセンスは一応揃ってはいるのだろうが。事件は名探偵の元に依頼に来た夫人から始まり、それが二年前にペテンにあったというのである。
なお、現在、読める本は存在しない。しかしそれも仕方ないだろう。これについては所詮はその程度の凡作なのである。
(2002/1/19初稿[妖鳥の涙])

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

「山又山/保篠龍緒/22ページ

新青年 大正十二年第五号(四月号)=一冊五十銭

新青年でも翻訳を頻繁にしていた保篠氏の創作探偵小説。

暗號あり、ダイイング・メッセージありと、材料的には興味深い点が多いがいかんせん小説というか事件が今一つで、しかも比較的長いものだから少々怠さを感じた。

(2000/11/11読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード