疑問の三/橋本五郎

「疑問の三」というのは橋本五郎、唯一の長篇で、昭和8年に新潮社から出た新作探偵小説全集の第五巻として刊行されている。私はその初刊以降初再録となったと思われる「幻影城 1977年11月号、12月号」で読んだ。

事件の発端は、明治44年の一銭銅貨を握らされた連続殺人が発生、しかもどの殺人においても、医師の診断した死亡推定時刻より後に、既に死者のはずの者が何者かと寄り添って歩いたり身体を動かしたりしているのを、ハッキリ目撃されているという怪事件。

主人公格の新聞配達二人も巻き込まれるが、果たして、この怪事件の真相と、そして疑問の三の意味とは!? 

神戸東京を舞台にした一大舞台の不可思議連続殺人コース、と言う展開になっている。
 

途中のプロット部分は興味深くもあるし、一線銅貨の謎、死亡推定時刻の謎なども面白くはあるが、長篇をもたせるには、くどすぎた点、または主人公格の中途半端な行動描写の点、序中盤プロットに対する後半から真相の拍子抜けの点など、力不足の点も多々あるのは否めない。

が、実現性はともかくとしてトリックの面白さ、疑問の二番目の隠し方と行動背景は評価できる点だろう。

(2004/03/01読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

眼/橋本五郎

眼/橋本五郎

橋本五郎、「新青年」昭和6年4月増大号掲載の短篇。
これはまぁまぁ面白く読める作品だ。ゾッとする恐怖が意外な所からヌッと現れるのは凄い。眼科病棟での悲劇であり、錯誤の悲劇であった。この疑心のベクトルが悲劇の元になるとは意外性の怪奇探偵小説だ。眼科病棟の眼患者達は目がよく見えないばかりに恐るべき陥穽に落ち込まされるのである。動機は、動機は、人間らしいものであったが、やはり利用の恐ろしさと誤解の悲劇が生んだ悪夢であった。
なお現在、論創社「橋本五郎探偵小説選(1)」で読むことが可能だ。
(2002/10/20初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

ペリカン後日譚/橋本五郎

ペリカン後日譚/橋本五郎

橋本五郎、「新青年」4月増大号発表の短篇。
ユーモアあるアンチ本格もの。名探偵…の伏線には、驚くばかり。まさに真のユーモア探偵譚である。さて、その名探偵、犬の元の飼い主を言い当てたり、区にとって大事な龍眼を瞬く間に探し出したりし大活躍! 名探偵の名を欲しいままにするに至ったのであるが、誘拐事件を依頼されるに及んで、ほとほと困り果ててしまったのである。しかし名探偵の眼力は伊達ではなかったのだ。ユーモア爆発の作品。
なお現在、論創社「橋本五郎探偵小説選(1)」で読むことが可能だ。
(2002/11/24初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

地図にない街/橋本五郎

地図にない街/橋本五郎

橋本五郎が「新青年」昭和5年4月号に発表した短篇。
地図にない街、それは大都会の抜け道である。罪のない罪である。そして男の精神に植え付けられた幻街であったのだ。男は謎のような老人に出会ったが、その老人は乞食のようであり大都会の完全なる生活術を知る不思議な、まるで魔術師のような感じもする老人だった…。しかし何という常軌を逸した計画だったろう。幻想のような生活の裏に隠されたそれは階級人からの魔の贈り物の如くなのだ。
なお現在、論創社「橋本五郎探偵小説選(1)」で読むことが可能だ。
(2001/11/12初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

自殺を買う話/橋本五郎

自殺を買う話/橋本五郎

橋本五郎が「探偵趣味」昭和2年5月号に発表した短篇。
広告欄の、自殺買う云々記事、それが何と知人発信。そしてその話の如何に物悲しい物だった事か。空腹な青年と何か疲れ切った感のある富裕な青年、別個な理由と言え彼等は同様の目的でその場所に来、出会ったのだろう。結果的に救われる側の空腹な青年は、食事、宿の厄介になれたが、その代わりに頼まれた物、それが自殺を買う動機だったのだ。何という絶望の淵だったことか! 決して繰り返させてはならぬ!
なお現在、光文社文庫「『探偵趣味』傑作選」で読める。
(2002/4/6初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード