殺意(創元推理文庫/フランシス・アイルズ/大久保康雄)

倒叙形式の探偵小説で、犯罪心理サスペンスに優れた圧巻の面白さ。
主人公の小男が犯した完全犯罪を描ききると同時に、厳しい現実も少しつけ加える事で圧倒的読後感を残してくれる。
犯罪者の傲慢とは言え、妙に感情移入してしまう所もあり、正義と悪意とは主人公の主観によりけりだと実感してしまうのだ。哀れむべき犯罪者。

恋愛と憎悪と無関心が生んだ本作は、主人公犯罪者の内なる殻を破らせたが、破りすぎた外なる殻の外には当然の結果が待っていたのである。
恋愛の結果、妻に対する邪険、そして・・・、それを原因とした第二の企み。医者らしき内的殺人方法。とにかく面白さは抜群なのだ。
(2002年9月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

毒入りチョコレート事件(創元推理文庫/アントニイ・バークリー/高橋泰邦)

一見単純そうでありながら解決の道がつかない難事件の真相を「犯罪研究会」の会員6人がそれぞれ6者6様に解いていくのという推理合戦が見物の探偵小説。
どれもが一見美事に思える推理的解決をつけているのだから圧巻であろう。
(2000年8月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード