僧正の積木唄 文春文庫 山田正紀

ファイロ・ヴァンスが活躍した最大長篇と数えられる「僧正殺人事件」に真っ向から挑みつつ、金田一耕助の若かりし活躍と戦前米国の排日政策の一端を交えさせる作品。
パロディ調ではなく正面からの排撃には辛辣さも感じるが、時代の流れの辛辣さであり、そして排日政策の辛辣さ、、この話の根幹となる部分の辛辣さに比すればなんとやらなのだろう。
僧正殺人事件2では、僧正の生き残りの科学者が爆死+首無し死体という凄惨な殺害事件から始まる。そしてそこには僧正の署名の付いたマザーグースがあり、日本人給仕が些細なことでマーカムらに容疑者として連れて行かれるのだ。異常な時代背景の中、金田一耕助はの活躍とその裏側に隠された真相の深さとは?
(2005年11月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

ミステリ・オペラ ハヤカワ文庫 山田正紀

現在と戦前の満洲国が探偵小説または手記によって、1つに繋がる。現在にいるはずが登場人物同様に我々もグングン過去満洲の世界へ引きずり込まれていく。
ダイイングメッセージ、密室、カード占い、見立て殺人、暗号、仮面の男、列車消失、空中遊歩などなど古きよき探偵小説のエッセンスをふんだんに含み、そして満州国建国の秘密とオペラ魔笛、南京事件を絡めながら、拡げすぎた大風呂敷はついに古代から現在まで到り…悲劇は続くのである。
しかし謎のためのしつこいまでの謎を呼ぶ展開とそのテーマを絡めたことには賛否両論あるのでは無かろうか。
(2006年4月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード