ウッドストック行最終バス/ハヤカワ文庫/コリン・デクスター/大庭忠男

現代本格作家の処女作でモース警部初登場作品。
犯人当て本格ミステリで、黄金期とはひと味違う本格を見せつけられた。サスペンス性にも優れ、何度も構築、再構築を繰り返す推理の過程も面白く、ラストの真相では少々驚いてしまった。
(2000年8月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード