スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜘蛛とかげ団/光文社文庫/辻真先

江戸川乱歩にオマージュを捧げた作品と言えよう。
乱歩パロディが数々とそこかしこに登場し、飽きさせない。それだけでユーモアを勝ち取れる面白さ。
ついでに迷犬ルパンシリーズスペシャルというものでもあるらしい。犬のルパンが探索役も兼ねてくれる。
そもそもこのタイトルからして、まさに乱歩、全てが隠されている重要なタイトルだというから面白い。まさに黒蜥蜴のような怪物とその相棒犬、これがまた蜥蜴のような姿で恐怖を振りまくというのだから、面白い。更にその標的が美女とあの愛犬、しかもメス限定なのだ。犬好きには辛い展開もある。たとえば、発端からして、謎のような強盗に愛犬家が犬を食べさせられてしまう凄惨な事件が起こるのだ。その犬の名前がチワ夫なる笑わせる名前でも想像するだに悲惨だ。裏切りと憎悪の中も、この作品は、軽い調子のあくまで明るいユーモアドタバタミステリー、しかし笑いの中にも怖さあり、一種不可思議な作品と言えるだろう。
(2004年2月読了)
スポンサーサイト

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

江戸川乱歩の大推理/光文社文庫/辻真先

題からもわかるように乱歩小説。
ただ乱歩が登場するわけではない、でも主人公ではある。乱歩がなぜ幻の作家の尾西作の「仮面の恋」という探偵小説を握り潰し、さらにその作家の筆を絶たせるに至ったのか?という謎を「仮面の恋」の原稿などから推理していく形式である。ちなみにこの「仮面の恋」も乱歩色溢れたものである。それにしても解説でも笑わされるとは・・・・・・。
(2000年9月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。