スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形式モナリザ

瀬在丸紅子や保呂草潤平たちの活躍するVシリーズ第二弾 乙女文楽の演者が衆人環視の中で不可思議な死を遂げる。それが2年前に発生した事件と絡んでくるに至って。。。 という展開
スポンサーサイト

黒猫の三角/森博嗣/講談社文庫

3年前に7/7に11歳、2年前に7/7に22歳、1年前に6/6に33歳が殺害されるという事件が近隣で発生していた。 そして今年44歳が狙われていた。脅迫状が届いたのだ。桜鳴六画邸の女主人は44歳の誕生日パーティを開催する際に 保呂草探偵達はトランシーバーで連絡を取り合いながら、ボディーガードすることになり、屋敷、そして部屋を 監視することになるが、その最中でも不可能犯罪の密室殺人が発生してしまうが。 という展開。

森博嗣のVシリーズの第一弾である。しかしまずは本格ミステリとしての評価を下せば、低評価とならざるを得ない。 どのような言い訳があるにせよ、あまりにアンフェアにすぎるという点が大きい。トリックは結局は古典的な一つだけに支えられたもので それに頼りきりで有り、それを除いてしまえばまるで物足りないものにすぎないからだ。

小説の長さとしても無駄に長いというしかない。この半分の分量ならば、綺麗にまとまったものになろうし、 おかしな違和感も少なかっただろう。そもそも中途の意味の無いエピソードは一体なんだったのか。一作完結するつもりがないのはわかるが、一つの独立作品としてはいかがなものなのか。

とはいえ、本格ミステリとしてはジャンルとしては面白みに欠けるものの、単なるミステリとしては面白い。 今シリーズの登場人物も非常に魅力的である。今後のシリーズには本格ミステリたるところを期待しよう。

まったく本作には関係ないが、森博嗣って2000年頃に大学の理系の後輩にお勧めされたことを思い出した。これがその頃の作なので感慨深い。もっとも森博嗣を読み始めたのは遙か先、2007年のことだったが。

有限と微小のパン/森博嗣/講談社文庫

S&Mシリーズの最終作。それに相応しく第1作の「全てがFになる」に出てくる登場人物が重要な役割を果たすところが面白い。

舞台は長崎、特に長崎市街が出てくるわけでもなく、ナノクラフトという中世の西欧をモチーフにしたテーマパークを舞台にしているのだが、実は長崎である必然性も実はあるという舞台装置。

メルヘンの国らしく、龍が出てきたり、教会で腕のみが残される不可解な殺人が起こったり、とにかく理解に苦しむ殺人事件が勃発する。はたして現実というものは何なのかを考えさせる事件。

古典的な大トリックを最先端技術の中に埋め込むことで意外でも単純な真実を覆ってしまうところが、この作品の面白いところだろうか。しかも事件解明後の最後まで楽しめてしまうところが素晴らしい。特に本作は装飾は施しすぎるところはあるのは凡人には全てを理解するのは困難ということ、また分厚さの原因はそのせいという点が大きすぎるというところは本格ミステリとしてはマイナス要素とも考えられるが、シリーズ最終作向けの仕掛けとしては効果的だったとも言えるのだろう。

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

数奇にして模型/森博嗣/講談社文庫

西之園萌絵と犀川先生のシリーズ第9作。

大学の構内で発生した密室殺人事件。その容疑者と見なされた男が、模型交換のイベント会場から発見されるに及ぶのだが、
そこで男は大けがを負った上に、同じ部屋には首無し死体が転がっていた。しかもそこも密室状態だったのだ。
西之園萌絵と犀川先生が共に事件の渦中に飛び込むことになるこの事件の真相とは?

というような展開。
まさにタイトル通りに「数奇にして模型」という事件。
常識や規定観念に意味はなく、それを基に構築された論理性は理不尽なまでに否定され、
ホワイダニットは常識外れの異端の論理、西之園萌絵や読者の常識的な論理思考は翻弄され続けることになるのだ。

奇妙で不気味な違和感を感じさせながらも、一気に読み進めたくなるような作品となっており、その割に読後感もまた不可思議。
真の真相を理解するためには、更に更に深く読む必要があるのかもしれない。そういう意味で読み応えのある作品と言えるだろう。


テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

今はもうない/森博嗣/講談社文庫

例の西之園萌絵と犀川先生のシリーズ第8作。
実に久しぶりに3年ぶりにこのシリーズを読んだ。2011-2012帰省の新幹線の供である。

結論から言えば、シンプルisベストといったところだろうか。無意味な複雑さは少なく、それでいてミステリとしての完成度は高い。ページ数が500を超える割には殺人事件は序盤の一件のみに留まっている。

しかし実は言う必要も無いのだろうが、別途シリーズ物特有の楽しさが残っている。それでもって最後まで引っ張るような形となっている。

本格ミステリとしてはシンプルでわかりやすく、シリーズ物としては楽しい趣向に満ちている。実に読ませる作品である。


西之園萌絵が犀川先生に語るお話。事件は西之園の別荘の近くにある別の別荘で発生している。
娯楽室と映写室という小さなトンネルで繋がった2つの独立した部屋のそれぞれで、姉妹の死体が発見されるという のが主要な事件だ。しかも2部屋は密室状態となっており、いわゆる密室殺人を扱ったものとなっている。
しかし様々な密室殺人のトリック案件が考え出されては廃棄されるという本格ミステリーならではの醍醐味を経て、 到達する真相には皆が沈黙する。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。