FC2ブログ

夏のレプリカ /講談社文庫/森博嗣

犀川教授シリーズ。
これもよくある展開と言えるのだが、相変わらず見せ方が絶妙なことで大きく作品の質を上げている。そもそも「幻惑と死の使徒」と同時期に起こった事件という設定からしてそうだろう。しかし余計なラストを付けたという印象がぬぐえないのも事実。あれは何だったのか。設定という面ではおもしろいが森ミステリとしての興味は希薄といえよう。
(2008年12月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

幻惑と死の使徒/講談社文庫/森博嗣

犀川教授シリーズ。
効果的に超有名トリックを使う離れ業を見せてもらった感じである。夏のレプリカと同時期に発生したマジシャンのショー中の死、そして葬儀中の消失。最後の最後まで魅せられるマジックショーには関心するしかない。
(2008年7月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

封印再度/講談社文庫/森博嗣

犀川教授シリーズ。
一度も開けられたことが無い家宝の箱、その鍵は壺の中に入っており永遠の知恵の輪のように取り出すことができない。
この魅惑的な謎が世代を超えた殺人事件に絶妙に絡む。トリックそのものはいささか前時代的だが、見せ方のうまさには驚愕するしかないだろう。
(2008年6月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

詩的私的ジャック/講談社文庫/森博嗣

犀川教授シリーズ。大学内での連続殺人は密室と謎の傷痕。大学に関係ある売れっ子ロック歌手が犯人に上がる。
オーソドックスな手法を取り入れつつ、プロットで読ませるのが上手いのが森博嗣の特長なのだろうか。
(2008年4月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

笑わない数学者/講談社文庫/森博嗣

犀川教授シリーズ。偉大な数学者天王寺博士邸。立派なオリオン像が消える時、過去現在に殺人事件が発生する。そのメイントリックそのものは探偵小説ではお馴染みの分かりやすいトリックであり大したものではない(むしろ他の数学問題の方が難解。とても同じ種類の感覚で解ける代物ではないと思うが)が、だからこそオーソドックスな本格物として楽しめるとも言えるだろう。最後の謎解き問答など笑わない数学者の表現方法については探偵小説的には蛇足とも言えるか。
(2008年3月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード