スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百器徒然袋―風/講談社ノベルス/京極夏彦

榎木津礼二郎活躍の連作中篇集。
「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」。馬鹿馬鹿しさの固まりのような話が続く。その渦中にいるのはもちろん非常識極まりない榎木津礼二郎その人だ。まさに滅茶苦茶、平々凡々どうしようもない本島は積極的に非常識に巻き込まれていく。その気の毒さと榎木津の破天荒さがこの本の笑いの読み所。もちろん肝心な事件は謎解きになっているので面白さの点では抜群だ。
(2004年9月読了)
スポンサーサイト

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

百器徒然袋―雨/講談社ノベルス/京極夏彦

榎木津礼二郎活躍の中篇集。
「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」、「瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」、「山颪 薔薇十字探偵の憤慨」の三篇を収録。
長篇に比べると、どれもあっさりしているが、中禅寺やら関口やらのお馴染みの登場人物もしっかり己の役割で活躍??し、極めつけは榎木津のキチガイ振りが痛快すぎるのである。特に秀逸は「鳴釜」であり、愉快愉快であった。
(2001年7月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

塗仏の宴 宴の始末/講談社ノベルス/京極夏彦

別項の「宴の支度」解決長編。登場人物などがリンクしているので相変わらず作を重ねるごとにシリーズ旧作を飛んでいないと苦しいものがあるため注意が必要だ。なお、その展開は少々苦しいような気もしたのだが・・・。
(2000年7月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

塗仏の宴 宴の支度/講談社ノベルス/京極夏彦

連作短篇形式を採っていて、最初とラストをはじめとして、それぞれがリンクしている。「ぬっぺっぽう」「うわん」「ひょうすべ」「わいら」「しょうけら」「おとろし」を収録。面白い話とつまらない話の落差は大きかった。
(2000年7月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

絡新婦の理/講談社ノベルス/京極夏彦

今までの一連のシリーズ作品に出てくる名前が続々と登場。その面で1~4作目までに関連も少なからずあった。二面的に展開する女性権利問題を秘めた猟奇事件を繋げる超プロバビリティというべき犯罪。
(2000年6月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。