FC2ブログ

瓶詰の地獄/夢野久作

瓶詰の地獄/夢野久作

夢野久作が「猟奇」昭和3年10月号発表の傑作短篇。
瓶詰の地獄、それは神が与えた物にしてはあまりにも残酷すぎた。三本の麦酒瓶から見つかった手記。そこに書かれた内容の地獄の哀しさ。そして数行で構成された最後の瓶によってその意味を完全に悟らされた時、あまりもの悪魔の戦慄にタラタラ汗を流すのみなのだ。無人島に流され、十年程生活をしていた狂妄の男女二人はなぜ救いの船を目前に崖から飛び降りなければならなかったのか。その罪の狂気とは!? 
なお現在、創元推理文庫「夢野久作集」等で読める。
(2001/12/10初出[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

人の顔/夢野久作

人の顔/夢野久作

夢野久作、「新青年」昭和3年3月号発表の短篇探偵小説。
何の事やら分からぬ小さな女の子の癖が最後に絶大な効果を導き出し真実を暴いてしまうとは。それは聞く側にとればあまりにも残酷だったかも知れない。色んな物を人の顔に擬人表現的に見てしまう女の子、その癖は仲の良い義母と活動写真に出かけた時から出始めていた。母親はなぜかそれを嫌い、女の子との仲も冷めつつあったのだが…。
なお現在、出版芸術舎「ふしぎ文学館・死後の恋」等で読む事が可能だ。
(2002/12/24初出[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

鉄槌/夢野久作

鉄槌/夢野久作

夢野久作、「新青年」昭和4年7月号掲載の短篇。
父親に叔父は悪魔だと育てられた主人公。それが父の自殺で、幸か不幸かその悪魔の世話になる事になるのだが、そこは相場の世界、毒々しい空気ばかりなのだ。そこに現れたる叔父の姪という女。これがまた波乱の元になるのである。鉄槌行進曲は悪魔を欲していたが、果たして鉄槌で頭をポカッと潰されるべき悪魔は誰であったろうか。そしてその悪行の限りとは!? 
なお現在気軽に読める本はなさそうだ。最近まではちくま文庫「夢野久作全集3」で読む事が可能だったが品切れ中の模様。
(2002/10/22初出[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

戦場/夢野久作

戦場/夢野久作

夢野久作、「改造」昭和11年5月号に遺作として掲載された短篇。
久作の戦争観を如実に表した反戦小説だ。ドイツ軍を舞台に、残虐が繰り広げられる。国の為、民族の為、というスローガンに下には隠された自己の為金の為がちらつくではないか。軍事医者の主人公は悲惨時を体感し、別の軍事医者は探偵行為をしていたというのか!? 恐るべき戦争の意味を考えさせるではないか。そこには愛国心だけがあったのだろうか!? それとも…。
なお現在、出版芸術社「ふしぎ文学館『死後の恋』」で読む事が可能である。
(2002/9/22初出[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

木魂/夢野久作

木魂/夢野久作

夢野久作の作品で、昭和9年5月号の「ぷろふいる」で発表短篇。
「すだま」と読む。
小学校数学教諭を主人公にしたこのストーリーは、あまりにも哀しきものを感じさせる。少年時代から。突如脳髄に響き渡る声・木魂が聞こえていた主人公。彼は鉄道線路を歩く悪習慣を止められぬばかりに大事なものを失う悲劇に繋がってしまう。その絶望的な悲哀さの前に幻をも望む。あと、現在にも全く通じる教育法への糾弾も少し興味深いだろう。
なお、現在、ちくま文庫「夢野久作全集 8」等で読む事が可能だ。
(2001/10/28初出[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード