シャーロック・ホームズ対伊藤博文/松岡圭祐/講談社文庫

司法の独立を守ったことで歴史的意義が大きい有名な大津事件に、まさかホームズが挑む展開に。

もっと巫山戯た内容かと思いきや、伊藤博文との出会いから伊藤の作中の活躍も含めて、 ホームズが非常に歴史に溶け込んだ活躍を魅せてくれるのだから素晴らしい。

こんな大津事件にはじまって、こんな深い陰謀を思い浮かぶところが凄まじい。

ホームズを知る歴史ファンにとってはとんでもない宝物のような長編ミステリー!

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード