スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話/鯨統一郎/光文社文庫

以下の8編で構成されている短編集。
・浦島太郎の真相
・桃太郎の真相
・カチカチ山の真相
・さるかに合戦の真相
・一寸法師の真相
・舌切り雀の真相
・こぶとり爺さんの真相
・花咲爺の真相

お馴染みのお伽話の真実に迫るという作品集と思いきや、あくまでも現在ミステリ作品だったという。 現在の事件は小品ばかりであり、それだけでは短編を構成しえないようなシンプル事件が多い。
構成としては、日本酒バーを舞台に1960年頃生まれと思われる3人組による無駄話+殺人事件+昔話に絡めて解決というものとなっている。
何の脈絡もない無駄話のしめる割合が非常に多く、この部分は最後の最後まで無駄極まりないと考えてしまうほどのものだった。
その分、最後に成る程と思わせる所は、作者もわかっていたということなのだろう。

殺人事件については前述の通り、小説としてはシンプルなものであるが、昔話の再解釈と事件への当てはめはこじ付け的であり、 安楽椅子探偵物としても苦しいところだが、意外な視点からなる昔話の再解釈部分は面目躍如とばかりに楽しめるのは大きな救いといえるだろう。

無駄話部分は世代が合えば楽しめるとは思うが、この本で読みたい内容ではないのが欠点だろう。
しかし無駄話の中でも、興味深い話はあるもので、伊勢正三「なごり雪」誕生秘話は興味深かったことこの上なかった。
かぐや姫時代の伝説の二日間、初の作詞作曲にも関わらず名曲「なごり雪」と「22才の別れ」を二日間で作ったという話。一応ググってみたらwikiの「22才の別れ」の項にそれらしいことが書いてあったので一安心。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

新・世界の七不思議(創元推理文庫/鯨統一郎)

「邪馬台国はどこですか?」の世界編みたいな形。
主要な登場人物も同様で、面白い観点で、本当らしく脚色して新解釈を繰り出していく。
たぶんに都合の良い点をピックアップし、都合の悪い点は苦しい言い訳で簡単に忘却するというのが、この手の常套だと思うので、この本だけで感化されるのは問題外だと言うまでもあるまいが、単純にストーリー的には平易で、単純明快で歴史学者がやらないような当時の人間心理を読んだ新解釈が面白かった。
収録作は以下の通り。
「アトランティス大陸の不思議」「ストーンヘンジの不思議」「ピラミッドの不思議」「ノアの方舟の不思議」「始皇帝の不思議」「ナスカの地上絵の不思議」「モアイ像の不思議」
(2005年3月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

邪馬台国はどこですか?(創元推理文庫/鯨統一郎)

歴史を扱ったミステリ短篇集で、非常にライト。わかりやすくはあるがツッコミどころ満載である。が不思議な世界がそこにはあるのも事実。しかしいくらなんでも、謀反と維新は、おいおいそれでいいのか、ではあるが。
収録作は以下。
「悟りを開いたのはいつですか?」「邪馬台国はどこですか?」「聖徳太子はだれですか?」「謀反の動機はなんですか?」「維新が起きたのはなぜですか?」「奇蹟はどのようになされたのですか?」
(2003年9月読了)

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。