水色の目の女/地味井平造

水色の目の女/地味井平造

地味井平造、「新青年」昭和15年6月号掲載の幻想短篇。
それは何という不幸な女だったろうか、そして不幸は不幸を呼ぶ。偶然なのか必然なのか恐るべき不幸。ギリシャ彫刻のような美、水色の目を持った女、主人公はナポリで彼女に出会う事で、新たな幻想を得たのだ。この水色の目を持った女の秘密とはいかなるものなのか。友人関係から求愛への狭間に起こった突然の告白、そしてその後の探偵…。
なお現在気軽に読める本は無さそうだ(数年前まえは角川ホラー文庫「爬虫館事件(新青年傑作選)」で読む事が可能だった)。
(2002/7/1初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

煙突奇談/地味井平造

煙突奇談/地味井平造

地味井平造の幻想小説で、「探偵趣味」昭和2年6月号に発表。
人類空中飛行の夢を語った話で、この手の話の中では最高傑作に位置するのではないかと思う。宙に聳える煙突から飛びだした二本の足、つまる所は煙突に突き刺さって死亡している男、この男こそがメインテーマである。太古の昔人類は宙を自在に飛び回っていたという。そしてその覚醒は将来必ず現れるというのだ。いや、既に…だと。ああっ、想像超・何と言うファンタジー。常識は信じられぬ。
なお、現在、光文社文庫の「『探偵趣味』傑作選」等で読める。
(2001/11/8初稿[妖鳥の涙])


テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード