はじめに

このブログでは、戦前の探偵小説、戦後の本格推理小説、平成の新本格ミステリ、欧米黄金時代(戦前)の本格ミステリを中心した、各種小説作品についての感想を記していきます。

基本的には左側のバーにある「カテゴリ」から作家名を選択すれば、その作家の作品の感想記事を読むことが出来る構成にしています。

なお戦前探偵小説作家の中でも、江戸川乱歩と甲賀三郎作品については、別途専用のホームページを作成しており、そちらに小説の感想も記していますので、そちらにもお立ち寄りいただければと思います。

江戸川乱歩:乱歩の世界 | 甲賀三郎:甲賀三郎の世界


また歴史物の書物についての感想等は以下の専用ページに記しています。

古代史の夢 | 中世史関連 | 近現代書の所見



旧読書記録は「乱歩の世界」内の1コンテンツとして設けていましたが、既に殆どの記事は、このブログまたは上記のいずれかに記載を転記済となっています。

まほろ市の殺人/祥伝社文庫

倉知淳、我孫子武丸、麻耶雄嵩、有栖川有栖が、春夏秋冬に同じまほろ市を舞台にした中編を書いた作品集。

倉知淳は春「無節操な殺人」、マンションのベランダから突き落とした筈の見知らぬ他人は消え去っていた。
という怪奇事件、そしてバラバラ殺人事件。凄惨な事件とは裏腹に何ともライトな雰囲気で進むある意味ホラーな作品だ。まぁ軽い

我孫子武丸は夏「夏に散る花」 処女作のみ一応書店に並んだ程度の作家に届いたファンレターがもたらした幸せと崩壊。
我孫子らしいほのぼのとダークの同居。奇妙なことだが、読後感は意外にも悪くない。

麻耶雄嵩の秋「闇雲A子と憂鬱刑事」 前2作は同じまほろ市内の事件という感覚でいられたが、この作品だけはぶっ飛びすぎていて、 感想に困る。摩耶作品の中では上位に位置しそうなくらいにやりたい放題。
真幌キラーなる殺人鬼を巡る事件に次ぐ事件。闇雲A子も無茶苦茶なら憂鬱刑事も大概だ。そして無茶苦茶な結末に至るまで。

有栖川有栖は冬「蜃気楼に手を振る」。兄弟姉妹という点で何となく我孫子作品と双璧を為している。世界線も摩耶以外は近しい世界と 認識可能だ。過失の殺人で兄を殺してしまった弟の物語。ご都合主義的なところもあるが、視野の広がり方はみごと。

また、同じ夢を見ていた/住野よる/双葉社

幸せとは何か!を探し求める本作だ。小学生の女の子が主人公。
自分の考えをハッキリ持ちすぎて賢すぎるがゆえに、学校では友達がおらずに孤独 な主人公だが、放課後は、尻尾の曲がった彼女と共に、アバズレさん、南さん、おばあちゃん といった友達の下へ訪れる。そこでヒントをもらいつつ、という展開。


果たしてどこまでが夢で、どこまでが現実だったのだろう。
しかし幸せは何かを考えるうえで、そしてそれぞれが幸せとは何かを知り、それを実感したことで、 お互いに救い救われたステキな関係ばかり。
それは桐生君についても同じだ。


どうでもいいことかもしれないが、一つ気になるのが荻原君、彼はどんな人間になったのだろうか?


膵臓の感動ほどはどっと一気に押し寄せるものはないけれども、意味も含めた深さという感動は増し増しであり、洗練度も加わったこともあり、本当にステキな作品でした。


君の膵臓をたべたい/住野よる/双葉社

主人公は友達も一切いない目立たない男子高校生。

その主人公が共病文庫なるものを偶然にも拾って読んでしまったことが全ての始まりだった。
共病文庫は日記であり、余命一年という膵臓の病を患っているクラスメイトの明るく皆に好かれる女子高生山内桜良のものだった。


桜良は普通に生活したまま死にたい思いから病気のことを親友にも隠しているが、主人公は知ってしまった。
そしてそのことから、正反対の二人の奇妙な付き合いが始まる。


という展開。


途中までの展開も非常に引き込まれるし重要なのだが、特にラストに向けては圧巻というしかなかった。
とにかく様々な意味で意外な結末。タイトルの持つ意味。そして溢れる涙をどうすることも出来ない。
これだけは間違い無い。泣けない選択肢はない。
また更に最初の冒頭のシーンを確認し、そしてまた最後を読んでしまう。


そして読了後は清々しいまでに生きることや日々の大事さを思い知らされるのだ。生きてる意味を考えさせられるのだ。


これがデビュー作と思うと恐ろしくもなってくる。登場人物も少なく、極端な人ばかりとはいえ、 心の変化もよく描けているし、構成も素晴らしい。


悲しくてもユーモアを(文芸人・乾信一郎の自伝的な評伝)/天瀬裕泰/論創社

乾信一郎はワシは知っている作家だと思っていた。実際、翻訳者、編集者、作家、これら3つの顔は一応ながら知っている。
が、しかしよくよく考えてみると、主に新青年での乾信一郎しか知らなかった。
江戸川乱歩や甲賀三郎の同時代作家という認識しかなかったといってもいい。


本書を読むと、乾信一郎の波乱の人生や生き方をそのまま自伝的になぞることができる。
悲しくてもユーモアを。ユーモア探偵作家という認識だったので、このユーモアという部分が後生まで続いた特長というのを 知って感慨深いではないか。


自伝的評伝の書き方も非常に良かった。まるで乾信一郎のその時々の気持ちを読んでるような自然さが合っていた。
いじめられっ子、猫好きという幼年期から小学生時代のエピソードがそのまま晩年まで生き続けているのも 自伝的だからこそ得られる生き様なのではないか。


それにつけてもシアトル生まれとは知らなかったし、一族の有名さ、戦後の放送作家、動物作家としての活躍などは全く知らなかった。
戦中の苦労についても。


江戸川乱歩や甲賀三郎などなどとの絡みはあまりなかったようで、また他の戦前探偵作家との絡みについても あまり触れられていないのが、新青年の乾信一郎に注目していたワシのような偏ったファンとしては、 どうにも少しばかり心淋しく物足りない点は隠しようもないところではあるものの、 基本的に20世紀の100年という乾信一郎の生き様を知る上でも一級資料となるのは間違いない。
単純に時代の流れを知るだけでも、気楽に読める面白い読み物でもあるのが素晴らしい。


最後に目次を軽く載せておこう。

第一章 明治大正は走馬灯
第二章 昭和戦前は波瀾万丈
第三章 昭和戦後の華やかなカムバック
第四章 ヒロシマ―祈りと出版
第五章 経済の高度成長期には
第六章 昭和後期の人脈とイベント
第七章 また改元して平成に


最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード