はじめに

このブログでは、戦前の探偵小説、戦後の本格推理小説、平成の新本格ミステリ、欧米黄金時代(戦前)の本格ミステリを中心した、各種小説作品についての感想を記していきます。

基本的には左側のバーにある「カテゴリ」から作家名を選択すれば、その作家の作品の感想記事を読むことが出来る構成にしています。

なお戦前探偵小説作家の中でも、江戸川乱歩と甲賀三郎作品については、別途専用のホームページを作成しており、そちらに小説の感想も記していますので、そちらにもお立ち寄りいただければと思います。

江戸川乱歩:乱歩の世界 | 甲賀三郎:甲賀三郎の世界


また歴史物の書物についての感想等は以下の専用ページに記しています。

古代史の夢 | 中世史関連 | 近現代書の所見



旧読書記録は「乱歩の世界」内の1コンテンツとして設けていましたが、既に殆どの記事は、このブログまたは上記のいずれかに記載を転記済となっています。

蟇屋敷の殺人/甲賀三郎/河出文庫

胴体が首が日本刀でスパッと切り離した死体が東京のど真ん中で発見されるという冒頭。
しかもその死体と思わしき熊丸猛が別に生きているというのだがら既に奇々怪々なのだ。

その熊丸の屋敷が蟇屋敷であり、多数の蟇が邸内に飼われているという異常な屋敷となっている。
主人公の探偵小説家は、かつての教え子の娘が蟇屋敷で秘書をしたこともあり、事件に深く関わろうとするが...
という展開。

東京横浜大阪と舞台は幅広く、主人公たちは危機一髪の連続。白い顔の謎、蟇屋敷の謎、熊丸猛の謎、教え子の娘の謎、 熊丸の奥さんの謎、結局、なんだったのかよくわからない不可思議な謎も割と残るのだが、それも踏まえてもなかなか読ませる甲賀三郎の探偵小説のエッセンスが贅沢につまった探偵小説といえよう。

昭和13年という探偵小説が書きづらくなりつつある時代にあって、予想の一歩上を行く探偵小説だ。


明智小五郎事件簿Ⅰ/江戸川乱歩/集英社文庫

久々に乱歩を再読したくなり、懐かしの平山雄一氏の年代記付きだったので、本シリーズを新規購入。

やはり江戸川乱歩を読むと、凄みも小説としての読みやすさも群を抜いていると思わずにはいられない。

収録作は「D坂の殺人事件」「幽霊」「黒手組」「心理試験」「屋根裏の散歩者」。特に「心理試験」「屋根裏の散歩者」の 完成度は改めて読んでも圧倒的だ。

本シリーズは時代の流れを読めるので、その点も楽しい。

獏鸚/海野十三/創元推理文庫

日下三蔵編の「名探偵帆村荘六の事件簿」作品集。
収録作品は「麻雀殺人事件」/「省線電車の射撃手」/「ネオン横丁殺人事件」/「振動魔」/「爬虫館事件」/「赤外線男」/「点眼器殺人事件」/「俘囚」/「人間灰」/「獏鸚」

底本となった21世紀初頭のちくま文庫版も読了しているため、約15年ぶりの再読になる。
その時の感想記事はこちらに残している

バリエーションに富んでいるが、やはりこの作者のものはSFや怪奇要素が強い作品の方が面白い。「振動魔」/「爬虫館事件」/「赤外線男」「俘囚」/「人間灰」 がそれぞれ細部まで効果的で何度読んでも驚かせる。探偵小説としては「爬虫館事件」が優れているが、怪奇科学小説としては「俘囚」が群を抜いているといえる。

他にもアホすぎて笑うしか無い脱力系探偵小説「点眼器殺人事件」、最新の時代をトリックに使った表題作「獏鸚」なども見物。


幽霊塔/江戸川乱歩、カラー口絵宮崎駿/岩波書店

幽霊塔はもう5回目くらいだとは思うが、この本はカバーだけではない。
冒頭16ページにも及ぶとても細かいカラー漫画。それが宮崎駿と幽霊塔との出会い、
そしてその元になった黒岩涙香版、さらには原作「灰色の女」に至るまで。
「カリオストロの城」を作る切っ掛けとなった「幽霊塔」というばかりではない。
それは宮崎駿の原点とも言える貴重な漫画となっているのだ。そして幽霊塔の冒頭の出会いの絵コンテまで。

さて、肝心の幽霊塔の部分には挿絵が挟まれていないのは少々残念だが、さすがに読み過ぎて覚えているので、
「幽霊塔」本編はサラッと読んだ。地下の迷路部分が意外に短い点、法が全く役に立ってない点、森村探偵の顛末など
もう少し何とかして欲しい点はあるにせよ、やはりやはり何度読んでも探偵趣味に飛んだ面白い通俗冒険活劇だ。

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード