スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

このブログでは、戦前の探偵小説、戦後の本格推理小説、平成の新本格ミステリ、欧米黄金時代(戦前)の本格ミステリを中心した、各種小説作品についての感想を記していきます。

基本的には左側のバーにある「カテゴリ」から作家名を選択すれば、その作家の作品の感想記事を読むことが出来る構成にしています。

なお戦前探偵小説作家の中でも、江戸川乱歩と甲賀三郎作品については、別途専用のホームページを作成しており、そちらに小説の感想も記していますので、そちらにもお立ち寄りいただければと思います。

江戸川乱歩:乱歩の世界 | 甲賀三郎:甲賀三郎の世界


また歴史物の書物についての感想等は以下の専用ページに記しています。

古代史の夢 | 中世史関連 | 近現代書の所見



旧読書記録は「乱歩の世界」内の1コンテンツとして設けていましたが、既に殆どの記事は、このブログまたは上記のいずれかに記載を転記済となっています。

スポンサーサイト

密室殺人ゲーム・マニアックス/歌野晶午/講談社文庫


前2作の続編であり、それらを読んでおかないと楽しみが大幅に減ってしまうので注意が必要だ。
よって単品として読むと事件の内容自体はかなり微妙なものになるのだが、続編として読むとたまらなく面白い。そうきたかとばかりの仕掛けがたまらないのだ。
果たして今回もお馴染みの5人組の密室殺人ゲームはどのようなものになり、どのような結末になってしまうのか。

大下宇陀児探偵小説選Ⅱ/大下宇陀児/論創社

#大下宇陀児探偵小説選Ⅱ ( #論創社 )をようやくちゃんと読み終わった。ネタバレなしの感想を少々。 大学時代に #新青年復刻版 で初出の連載として読んで以来の 人が生き生きしてる #鉄の舌 などの作品群。悲劇的なシニカルな味がたまらない #悪女 と SFと怪奇が絶妙なこの恋愛物を #昭和15年に出したという意味でも #宇宙線の情熱 などの短編も収録。この二つは #変格物 の #戦前の探偵小説 として傑作だと思う。 そして我が #甲賀三郎探偵小説選Ⅲ の解題でも触れた #甲賀三郎 の探偵小説論争の嚆矢ともなったと言える #魔人論争 や #馬の角論争 も評論編に収録されている。デビュー前にはお固い役所の同じ職場の同僚だったのに、水と油のような作風の違いがありながら、評論随筆などにおいて、甲賀三郎亡き後の戦後においても、甲賀三郎に触れてくれるのは #大下宇陀児 の人柄だろう。 #探偵小説 #戦前の小説 #新青年 #江戸川乱歩、甲賀三郎と並んで三羽烏 #横井司

あいなっと inatさん(@inatinatinat)がシェアした投稿 -



5年ほど前に出た大下宇陀児の本。評論随筆編は先の甲賀三郎探偵小説選Ⅲの解題を書くときに読み直したが、小説編はおざなりになっていた。「金口の巻煙草」にせよ、「鉄の舌」にせよ、大学時代に新青年復刻版などで読んでいるというのもある。

ただ今回再読してみて、「鉄の舌」が偏った性格ながらしっかり人物が描かれた上で読める作品だと再認識。ただ色々考えてのことというのはわかるが終わり方は最悪に近いと思ってしまったので評価は微妙になってしまう。

本作品集では「悪女」が短編としての完成度の高さでは一番だと思う。タイトルと序盤の展開からすればあまりにも悲しい物語だ。そしてへんてこなものだがSF怪奇の「宇宙線の情熱」も素晴らしい。大正末期から昭和初期を思わせる展開なのに昭和15年にこれが書けるところが素晴らしいというのもある。時代を感じさせるだけの「祖母」との並びがそう思わせるのかもしれない。

「嘘つきアパート」も「悪女」に近い味がありなかなか悪くないが不自然さが目立つのが欠点か。その前の「三時間の悪魔」とも似ているのがまた面白いところか。「欠伸する悪魔」やらやらはコメントが難しいが面白いと思えなかった。冤罪じゃないらしくて良かったって順番と呪いが違和感。

評論編は甲賀三郎との論争の「「魔人」論争」と「馬の角論争」が興味深く読める。当時の探偵小説の考え方、乱歩・甲賀・宇陀児で三羽烏と呼ばれた戦前の代表作家においての考え方の大きな相違があったことを知ることができる。他も探偵小説黎明期から戦後にかけての興味深い評論随筆ばかりなので面白いといえる。


密室殺人ゲーム2.0/歌野晶午/講談社文庫



裏表紙の説明書きの次の通り

あの殺人ゲームが帰ってきた! ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う。驚愕の結末とは。<本格ミステリ大賞受賞作>

そもそも前回の続編ってどういうこと? ってところから始まる。その疑問が強いだけに、その前回の印象が強いだけに、小説としては完全にだまされていたとも言える。
そして鬼畜犯罪者が探偵役も務めるからキャラに感情移入もするわけだが、その複雑なこと。この気持ち悪いまでに奇妙なのに魅力あるキャラ達が不可思議なのだ。前回のようなこともなく、今回ばかりは想像を絶する殺人ゲームのまでに絶句するしかなかった。

森下雨村探偵小説選Ⅲ/森下雨村/論創社

アパートで他人が部屋で死んでいる事件が発生する「桃色の胸衣」は中編の探偵小説で興味深い発端。この作品が唯一の中編で他は新青年の連続短編、多くは探偵小説とは言いがたいコント風作品が多いが、短編が並び、そして最後に戦前探偵小説界自体に興味深い私としてはもっとも興味深いかもしれぬ評論随筆が収録となっている。


最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。